このページの先頭



ここからこのページの本文


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース

地元カナダ史上最多14個目金/1日の結果

 バンクーバー冬季五輪最終日の28日(日本時間1日)、大会のフィナーレを飾るアイスホッケー男子決勝は、地元カナダが延長で米国を3-2で破る劇的な勝利を収め、2大会ぶりの金メダルを獲得した。エースのシドニー・クロスビーが決勝点を決めた。カナダの金メダルは14個となり、冬季五輪の史上最多となった。

 ノルディックスキー距離の男子50キロクラシカルはペッテル・ノールトゥグ(ノルウェー)が2時間5分35秒5で制し、スキー競技最後の金メダルを獲得した。

 ノールトゥグは団体スプリントに続いてゴール前での接戦を制し、今大会2個目の金メダル。0秒3差の2位はアクセル・タイヒマン(ドイツ)。日本勢でただ1人出場の成瀬野生(岐阜日野自動車)は35位だった。

 [2010年3月1日9時23分]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。





ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.