このページの先頭



ここからこのページの本文


ジャンプ

Ski Jumping
  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ

日本5位、葛西意地の140m/ジャンプ

団体で5位に入り、観客の声援に応える葛西紀明(共同)
団体で5位に入り、観客の声援に応える葛西紀明(共同)

<バンクーバー五輪・ジャンプ:団体>◇22日(日本時間23日)◇ウィスラー五輪公園

 日本が5位入賞を果たした。1回目、伊東大貴(24=雪印)が129・5メートルを飛び122・1点で幸先のいいスタートを切り、その後も竹内択(22=北野建設)が125・5メートルで113・4点、栃本翔平(20=雪印)が128メートルで118・4点と着実に得点を伸ばし、アンカーの葛西紀明(37=土屋ホーム)が133・5メートルで130・8点と大ジャンプをして3人目までの6位から1つ順位を上げて2回目へ進んだ。

 2回目に入ると伊東が133・5メートルを飛び130・8点をマークし、1人目が終わった時点で日本は4位に浮上した。2人目の竹内も129・5メートルにまとめ122・1点をマークしたものの6位に後退。3人目の栃本は132メートルで126・6点をマークし5位に戻した。最後の葛西は140メートルの大ジャンプを決めて、日本は5位を決めた。

 優勝はオーストリアで、ドイツが銀メダル、銅メダルがノルウェー。

伊東大貴(24=雪印) 122・1 130・8

竹内択(22=北野建設) 113・4 122・1

栃本翔平(20=雪印) 118・4 126・6

葛西紀明(37=土屋ホーム) 130・8 143・5

 [2010年2月23日13時24分]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

伊東大貴


ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.