このページの先頭



ここからこのページの本文


ジャンプ

Ski Jumping
  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ

葛西140m「やりきった」/ジャンプ

2回目に140mの大飛躍。ガッツポーズの葛西紀明(共同)
2回目に140mの大飛躍。ガッツポーズの葛西紀明(共同)

<バンクーバー五輪・ジャンプ:団体>◇22日(日本時間23日)◇ウィスラー五輪公園

 メダルには届かなかったが、葛西紀明は2回目に140メートルの大ジャンプで、五輪出場6回目の貫禄(かんろく)を見せた。「最後の最後にいいジャンプができて悔いはない。今までの中でも満足できるジャンプが、五輪でできた。悔しさよりもやりきったという気持ちが、今は強い」。表情にも充足感がにじんだ。

 98年長野ではメンバーから外れた。今回は日本選手団の主将でもある岡部孝信が外れた。「気持ちは痛いほど分かる。『タカ兄さんの分まで』と思って」。気合が入ったようだ。

 37歳は、まだまだ燃え尽きていない。「やめるわけにはいかない。(個人2冠の)アマンをぎゃふんと言わせたい」と笑った。

 [2010年2月23日21時13分]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

葛西紀明


ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.