このページの先頭



ここからこのページの本文


スノーボード

Snowboard
  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ

国母が大技決め健闘の3位/スノーボード

 賞金総額100万ドル(約9000万円)の冬季Xゲームが29日、米コロラド州アスペンで行われ、バンクーバー五輪の前哨戦となったスノーボードのスーパーパイプ男子決勝で、同五輪ハーフパイプ(HP)代表の国母和宏(21=東海大)が91・00点で3位に入る健闘を見せた。トリノ五輪HP金メダルのショーン・ホワイト(米国)が95・33点で優勝した。

 164センチと小柄な国母が、横3回転の連続技を決めた後、大技「ダブルコーク」を繰り出した。「気持ちよかった。いい滑りができてうれしい」と笑った。ホワイトが昨夏に初めて披露した大技で、決勝は3回の演技のうち2度成功させた。五輪本番まであと約2週間。「今回は自分のスタイルで滑りたいと思っていた。五輪でもそう思って滑りたい」と話した。

 [2010年1月31日9時16分 紙面から]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

国母和宏


ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.