このページの先頭



ここからこのページの本文


スノーボード

Snowboard
  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ

国母、服装の乱れで注意も技への意欲語る

片ひじをつき記者の質問に答えるスノーボード国母和宏(撮影・上田博志)
片ひじをつき記者の質問に答えるスノーボード国母和宏(撮影・上田博志)

 バンクーバー五輪に出場するスノーボード男女ハーフパイプの日本代表選手が10日(日本時間11日)、選手村で記者会見を行い、大会への抱負を述べた。1月末の冬季Xゲームで3位に入った国母和宏(東海大)は「今季は何のストレスもなく滑っています。スイッチからのサイドロールを決めたい」と言い、09年世界選手権優勝の青野令(松山大)は「今季は大会であんまり納得いく演技ができなかった。五輪では納得できるようにしたい」と話した。

 また、国母は会見に先立って行われた入村式への出席を自粛した。バンクーバー入りした際に服装の乱れがあり、スノーボードの萩原文和監督と国母に同行したコーチが、日本オリンピック委員会(JOC)から注意された。

 [2010年2月11日12時24分]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

国母和宏


ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.