このページの先頭



ここからこのページの本文


スノーボード

Snowboard
  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ

国母神妙会見「責任重く感じています」

橋本聖子団長(左)とともに会見を行った国母和宏(撮影・たえ見朱実)
橋本聖子団長(左)とともに会見を行った国母和宏(撮影・たえ見朱実)

 スノーボード男子ハーフパイプ(HP)日本代表の国母和宏(21=東海大)が12日、バンクーバー市内のホテルで、日本選手団の橋本聖子団長(45)とともに会見した。日本から移動時の服装の乱れ、さらにその後の公式会見での言動に、日本オリンピック委員会などに抗議が殺到。この日、全日本スキー連盟が1度は国母の五輪への出場辞退を決めたというが、橋本団長の判断により出場することになった。国母は「いろいろな方々に、ご心配とご迷惑をおかけしまして、すみませんでした。責任を重く感じています」と、神妙な顔つきで話した。

 [2010年2月13日21時40分]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

国母和宏


ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.