このページの先頭



ここからこのページの本文


スノーボード

Snowboard
  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ

すそ出しネクタイ緩め…国母の問題行動

▼国母“問題行動”の経過▼

 ◆9日午前9時 五輪代表の公式スーツ着用も、シャツのすそを出し、ズボンを腰まで下げ、ネクタイを緩めたサングラス姿で、バンクーバー国際空港到着。

 ◆10日午後2時 乱れた服装に抗議が殺到。SAJからも注意を受け、参加予定だった入村式を自粛。

 ◆同日同3時 HP代表公式会見で服装の乱れについて質問され、肩ひじをついて「反省してま~す」と発言。会見中に舌打ちも。その模様が日本でテレビで放送され、SAJなどにさらに抗議が殺到。

 ◆12日午前 SAJは国母の出場辞退を決定。伊藤会長が橋本団長に正式に申し入れる。

 ◆12日同 橋本団長が選手村から国母を呼び出して直接会談。団長の判断で、出場辞退は回避した。

 ◆13日 国母が在籍する東海大が公式サイトを通じて謝罪した。同大にも批判のメールやファクスなどが寄せられ「(国母が)日本代表という認識を強く持って模範となる態度・行動を取るべきであると考えており、今後とも学生への教育・指導に努めてまいる所存です」とコメントを発表した。

 ◆同日 日本スキー連盟(SAJ)の伊藤義郎会長が、国母を「救済」した日本選手団の橋本聖子団長の決断に「橋本団長の好意に感謝したい」と感謝した。。国母の一連の問題行動にSAJは出場辞退を申し入れていた。

 ◆14日 公式練習を開始。会場に着いた直後、追い掛けた一部にテレビカメラに「もう寝すぎて、体が動かないっす」とコメント。HPの整備が遅れ、5日間も選手村での調整を強いられたことをぼやいた。

 ◆15日 国母の在籍する東海大は18日の札幌キャンパスで予定していた同選手が出場するスノーボード男子HPの応援会を中止すると発表。

 ◆同日 川端達夫文部科学相が衆院予算委員会で、国母の服装問題について「極めて遺憾だ。国を代表して参加する自覚が著しく欠けていた」と批判した。

 [2010年2月18日14時42分]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

国母和宏


ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.