このページの先頭



ここからこのページの本文


スノーボード

Snowboard
  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ

国母8位、青野9位メダル届かず/スノボ

2回目を終えた国母。1回目の転倒で顔に傷が残る(共同)
2回目を終えた国母。1回目の転倒で顔に傷が残る(共同)

<バンクーバー五輪・スノーボード:男子ハーフパイプ>◇17日(日本時間18日)◇サイプレスマウンテン

 決勝で、国母和宏(21=東海大)は1、2回目とも終盤にダブルコークを繰り出したが、2回とも着地が乱れて30・5、35・7と得点を伸ばせず8位。青野令(19=松山大)も32・9、29・12で9位に終わり、日本勢のメダル獲得はならなかった。02年ソルトレークシティー五輪の中井孝治が記録した日本勢過去最高の5位も上回れなかった。

 トリノ五輪の金メダリスト、ショーン・ホワイト(米国)が46・8、48・4と1人異次元の滑りを披露し、ダントツの2連覇を果たした。

 工藤洸平(19=シーズ)は準決勝で8位に終わり、決勝に進めなかった。村上大輔(26=クルーズ)は予選落ちした。

 [2010年2月18日15時48分]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

国母和宏


ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2018,Nikkan Sports News.