このページの先頭



ここからこのページの本文


スノーボード

Snowboard
  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ

国母本番はシンプルな“腰パン”

国母が着用するウエア。このズボンは、腰ばきしてもOK
国母が着用するウエア。このズボンは、腰ばきしてもOK

 スノーボード男子ハーフパイプ(HP)に出場する国母和宏(21=東海大)は14日(日本時間15日)、公式練習を開始する。五輪本番では、シンプルな“腰パン”ウエアを着用することが13日、分かった。スノーボードメーカーの老舗バートン社製で、ジャケットは茶、パンツはオレンジを基調とした、落ち着いたデザインになっている。

 バートン社の石原公司氏は「(国母は)4、5年前まではチェック柄とか迷彩柄とかを好んでいたが、今回はシンプルなものを選びました。人と同じは嫌だと言いますね」と説明する。来季の新モデルで、店頭に並ぶのは秋以降。有名選手が着用するウエアは、売れ行きがいいという。

 成田空港からバンクーバー入りする際、ズボンを腰の位置に下げる、いわゆる「腰パン」が、公式服装にふさわしくないとされた。だが、スノーボードウエアの着こなしは別だ。ファッションも競技の一部としてとらえられ、腰パンは当たり前。こちらの着こなしは、国母が存分に自己主張できる世界でもある。

 入村式への出席を自粛した後、国母は「競技には影響ありません」と言った。騒動がきっかけで、一躍注目される存在となり、14日からの公式練習も視線が集まる。普段、ハーフパイプを見慣れない日本の皆さん、「また腰パンじゃないか!」なんて指摘は、どうかなさいませんように…。【佐々木一郎】

 [2010年2月15日8時35分 紙面から]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

国母和宏


ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.