このページの先頭



ここからこのページの本文


スノーボード

Snowboard
  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ

青野、ホワイトの直後で緊張9位/スノボ

<バンクーバー五輪・スノーボード:男子ハーフパイプ>◇17日(日本時間18日)◇サイプレスマウンテン

 力を出し切れなかった。青野令(19=松山大)は、決勝で2回ともミスが出た。1回目は最初のジャンプでバランスを崩した。2回目は、最後で転倒した。予選は全体3位の得点をマークしていたが、決勝で9位にとどまった。「2本目に攻めきれなかったんで、それが今は悔しいです。悔しい悔しいって言っても、全然ダメなんで、また一からやり直しです」。

 09年世界選手権を制したが、ホワイトら強豪選手は出ていなかった。「自分は世界王者と思ったことは一度もない」と浮かれることなく、初の五輪に備えてきた。予選は観衆の多さに驚き「これが五輪なんだなと思った。緊張して、のどはからからで、唇もかさかさになった」。ホワイトの直後の演技だったことも緊張につながったという。

 多くのトップ選手が、ダブルコークなど縦回転系の技を取り入れたが、最後まで得意のフラットスピン(横回転)と高さを出すことにこだわった。愛媛県出身で、屋内ゲレンデで育った異色の選手。「4年後なんで、全然まだ狙える。悔しい思いをしたまま終わったら、男としてダサいっすね。それだけはイヤですね」。負けん気を口にして、挽回(ばんかい)を誓った。

 [2010年2月19日9時29分 紙面から]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

青野令


ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.