このページの先頭



ここからこのページの本文


アルペン

Alpine Skiing
  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ

皆川、愛子とソチ再挑戦に意欲満々

帰国した皆川(撮影・野上伸悟)
帰国した皆川(撮影・野上伸悟)

 アルペン男子回転の皆川賢太郎(32=竹村総合設備)が2日、2大会連続となる夫婦同時の五輪出場に意欲を見せた。帰国直後の成田空港で「同じ夢を持って歩めれば楽しい。(2人で)節制できる毎日は、なかなか人生で味わえない」と、現役続行に意気込むとともに、妻で女子モーグルで4位入賞の上村愛子(30)と一緒に五輪に再挑戦したい、との希望を口にした。

 トリノ五輪4位を上回る成績を目指した今五輪は、1回目の約10秒でコースアウトして途中棄権に終わった。五輪を最後の国際大会と位置付けているとみられていたが、この日は「悔しい気持ちが大きい。4年後に挑戦できる体なのかチェックしたい」。4月ごろに両ひざなどの古傷を医師に診てもらい、来季は国内大会に出場したいと明言。上村とは今シーズン終了後、じっくりと話し合いたいとの意向を示した。

 「メダルを持って帰れなくて残念」と話す上村は、6、7日に行われるW杯猪苗代大会に出場するため、3日に現地入りする。今後については「ソチ五輪に出るなら、トップ選手でないと意味がないし、絶対に1番を取りたい。その力があるのか、ゆっくり考えたい」と話すにとどめた。【田口潤】

 [2010年3月3日8時50分 紙面から]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

皆川賢太郎


ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.