このページの先頭



ここからこのページの本文


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ

ビョルンダーレン11個目の金/バイアスロン

<バンクーバー五輪・バイアスロン:男子30キロリレー>◇26日(日本時間27日)◇ウィスラー五輪公園

 ベテランのオーレアイナル・ビョルンダーレン(36)が、冬季五輪史上単独2位となる通算11個目のメダルを獲得した。男子30キロリレーにノルウェーのメンバーとして出場。射撃の正確性が復活して罰走を回避。オーストリアを突き放し、最終走者の責任を果たした。今大会は不振で限界説も噴出したが、それを自ら吹き飛ばした。4年後のソチ大会では、ダーリ(ノルウェー)が持つ通算12個の冬季五輪記録の更新を目指す。

 追いかけてくる者は、もうだれもいなかった。スタンドのファンから国旗を受け取ると、ビョルンダーレンはウイニングランのように悠然とゴールした。「最高の自分を見せられた。自分は自分の仕事ができたよ」。圧倒的な速さから「バイアスロンの帝王」と呼ばれた男が、誇りと自信、そして強さを取り戻した。

 オーストリアのズマンとわずか0秒2差の首位で、最終走者を託された。降り続く雪でスピードが出にくい状況の中、心掛けたのは正確な射撃だった。「(雪で)最高の状況ではなかったけど、頭の中を空っぽにして臨んだ」。7発を使い、5つの的を確実にヒット。失敗で罰走を強いられるライバルを横目に、最後はズマンに40秒近いの大差を付けてゴールした。

 5種目目にして、これが今大会自身初の金メダルだった。メダルは20キロの銀だけ。15キロでは27位と失速し、限界説も飛び出した。だが自分では、若手の躍進を実感しており、今大会のメダル予想を当初から2つと設定していたという。「終わってみれば、この五輪は完ぺきだったと言えるね」。目標達成に笑顔を見せた。

 メダル数の冬季五輪記録は、スキー距離のダーリがマークした12個。現役続行を表明しているビョルンダーレンにとって、4年後のソチ大会への大目標となる。「4年後に向けての準備が始まる。ソチではベストを尽くして最高の状態にするよ」。ソチ大会を40歳で迎えるメダルハンターが、ついに母国の英雄を射程に入れた。

 [2010年2月28日9時34分 紙面から]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

オーレアイナル・ビョルンダーレン


ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.