このページの先頭



ここからこのページの本文


フィギュア

Figure Skating
  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ

真央閉会式居眠り、撮っちゃったゴメンね

閉会式の最中、居眠りしてしまう浅田ら日本選手団(撮影・上田博志)
閉会式の最中、居眠りしてしまう浅田ら日本選手団(撮影・上田博志)

 フィギュアスケート女子で銀メダルを獲得した浅田真央(19=中京大)の初めての五輪が幕を閉じた。バンクーバー五輪の閉会式が2月28日(日本時間1日)バンクーバー市内のドーム施設BCプレースで行われた。日本選手団の旗手を務めた浅田は、笑顔で日の丸を左右に振った。金妍児(韓国)との激闘の疲れと、大役を終えた安堵(あんど)感からか、式の最中には観客席で目を閉じ、うとうとする場面もあった。2日、日本選手団とともに帰国。金メダルを狙う4年後のソチ五輪に向けて、近く始動する。

 夢舞台の最後に、夢を見ていたのかもしれない。旗手の大役を終えた浅田は観客席に移動すると、30分もしないうちに、うとうとし始めた。閉会式のパフォーマンスが続き大音響が響く中、体をわずかに右に傾けて目を閉じる。目を開いたかと思うと、今度はほおにひじをついて眠りに落ちたように見えた。ライバルの金に敗れて流した悔し涙。その後、じわじわとわいてきた達成感。めまぐるしく変化した感情がようやく落ち着き、4年分の疲れが一気に出たのかもしれない。

 バンクーバー入りしたのは、ショートプログラム3日前の2月20日。タラソワ・コーチには早めの現地入りを勧められていた。だが母匡子(きょうこ)さんによると、浅田は海外生活2週目に入ると調子を落とす。そのため、直前入りというスタイルを貫いた。25日のフリー終了直後はなかなか眠れず、睡眠時間は3時間程度。うとうとしたのは睡眠不足もあるが、初めての五輪にしっかりとピークを合わせ、死力を尽くした証明だった。

 観客席でうとうとした時間以外は、浅田らしい笑顔を振りまいた。ヘラジカのかぶり物をかぶり、フィギュアスケートの選手らとはしゃいだ。音楽に合わせてジャンプしたり、カメラや携帯電話を手に歩き回ったり。アルペン男子回転の皆川と女子モーグルの上村夫妻ら、日本選手団のメンバーや、求められてカナダや中国の選手らとも記念写真に納まった。

 フィギュアスケートの代表最年少として臨んだ初の五輪は終わり、4年後のソチ五輪は、もっと若い世代を引っ張っていく立場になる。日本スケート連盟フィギュア強化部の吉岡部長はこの日、世代を完全に分けていた従来の方針を転換し、来季からシニア国際大会にジュニアの選手も派遣する意向を明かした。同部長は「一緒に滑ることで、ジュニアの選手はスピード感や表現力を間近で感じることができる」と話す。今大会で代表6人全員が入賞と、隆盛に向かう日本フィギュア界のエースは“お姉さん”や“先生”としての役回りも期待されている。

 JOC(日本オリンピック委員会)を通じて「いろんな競技があるけれど、金銀銅のメダルをゲットできたときの喜びは、きっと同じなんだろうなと共感を持って見ました」とのコメントを出した浅田。会場を出る際には、自分で自分の姿を写真に収めた。4年後は、もっと成長して戻ってくる。そう心に誓っていたに違いない。【高田文太】

 [2010年3月2日8時31分 紙面から]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

浅田真央


ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.