このページの先頭



ここからこのページの本文


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース

滑降で鈴木が13位/障害者スキー

 バンクーバー冬季パラリンピック日本代表勢が出場した障害者アルペンスキーのW杯は3日、米コロラド州アスペンで滑降を行い、男子座位は鈴木猛史(駿河台大)が13位、山本光文(めいほうぐるーぷ)が18位だった。

 同立位は三沢拓(順大)が16位。井上真司(顕正寺)は25位、小池岳太(セントラルスポーツ)は26位と振るわなかった。

 [2010年3月4日21時3分]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。





ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.