このページの先頭



ここからこのページの本文


愛子迫力不足、多英完走なら、愛里咲楽しみ/モーグル

2010年2月15日

<バンクーバー五輪:女子モーグル>◇13日(日本時間14日)◇サイプレスマウンテン

 上村さんは悪くはない滑りでした。大きなミスはありませんでした。ですが、ターン点を上げる迫力が感じられなかった。優勝したカーニーらには、攻める気持ちが滑りの力強さになって現れていました。

 あえて挙げるなら、第1エアと第2エアの間のミドルセクション。スピードに乗り切れず、これが迫力不足と映ってターン点が伸びなかったと思います。

 モーグルは採点競技。実績のある選手は審判も減点しにくいもの。上位選手の実力は拮抗(きっこう)しています。決勝のあの瞬間、見た目の印象はカーニーやハイルが上回った。ちょっとしたことが、差となったのかもしれません。

 里谷さんはすごかった。ミドルの攻めの姿勢は決勝進出者の中でも一番。ひざの使い方や足首の柔らかさは天性のもの。だれもまねできません。あのまま滑りきっていたら入賞でした。村田さんはエアは世界のトップレベル。今、ターンは跳ねるように滑っていますが、もう少し雪面をなめるように滑る技術が身に付けば、4年後の五輪に楽しみな存在です。(旧姓田中、アルベールビル五輪代表)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

評論家・斗沢由香子
斗沢由香子(とざわ・ゆかこ)
 1965年(昭和40)10月10日、東京生まれ。湘南白百合高—日大。92年アルベールビル五輪バレエ(公開競技)11位。全日本選手権バレエ優勝7度。99年引退。日本オリンピック委員会情報医科学専門委員会委員。旧姓田中。

最近のエントリー



ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.