このページの先頭



ここからこのページの本文


見栄えいいクリーンエア/モーグル

2010年2月16日

<バンクーバー五輪:男子モーグル>◇14日(日本時間15日)◇サイプレスマウンテン

 遠藤くんの最大の特徴はエアです。きれいでクリーン。見栄えもよく、質も難度も高い。この日もエア点はメダリスト3人に次ぐ4位。世界のトップレベルです。その反面、ターンはまだ粗削り。ですが、時間点で5位になるほどスピードを出して攻めていたのですから責められません。

 男女ともに上位に共通しているのは、スピードがものすごく上がっていること。暴走とアグレッシブな滑りは紙一重ですが、スピードを極限まで上げないと、ターン点は出ません。そういう意味では、遠藤くんの攻撃的な姿勢は評価できます。

 優勝したビロドーも数年前まで、ターンはそれほどうまくはありませんでした。遠藤くんもターン技術さえ上がれば、4年後は表彰台にからんでくる選手になるはずです。(旧姓田中、アルベールビル五輪代表)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

評論家・斗沢由香子
斗沢由香子(とざわ・ゆかこ)
 1965年(昭和40)10月10日、東京生まれ。湘南白百合高—日大。92年アルベールビル五輪バレエ(公開競技)11位。全日本選手権バレエ優勝7度。99年引退。日本オリンピック委員会情報医科学専門委員会委員。旧姓田中。

最近のエントリー



ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.