このページの先頭



ここからこのページの本文


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ

リュージュ練習で事故、グルジア選手死亡

死亡したグルジア代表のクマリタシビリ選手のビデオ画像(AP=共同)
死亡したグルジア代表のクマリタシビリ選手のビデオ画像(AP=共同)

 12日(日本時間13日)にウィスラー・スライディングセンターで行われたリュージュ男子1人乗りの公式練習で、グルジア代表のノダル・クマリタシビリ選手(21)がコース外に飛び出し激突する大事故があり、死亡した。国際オリンピック委員会(IOC)と組織委員会が発表した。

 リュージュはそりにあおむけになって氷のコースを滑り降りる競技。同会場は最大で高低差が152メートルあり、時速150キロ以上のスピードが出る世界でも有数の高速コースとされている。同選手は最終カーブからゴールに向かうところでコースから飛び出して鉄柱に激突した。

 この日の練習では、男子1人乗りで五輪3連覇を狙うアルミン・ツェゲラー(イタリア)が壁に衝突して途中棄権するなど苦戦する選手が続出。AP通信によれば、オーストラリアのハナ・キャンベルペッグは「(コースのつくりが)ちょっと行き過ぎだと思う。私たちは実験用のダミー人形じゃない」と、コースの危険性を指摘している。

 IOCと組織委は今後の競技日程について、事故の調査結果を待って決めるとしている。

 [2010年2月13日8時25分]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

リュージュ


ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.