このページの先頭



ここからこのページの本文


ラージヒルには分がある/ジャンプ

2010年2月15日

<バンクーバー五輪・ジャンプ:個人ノーマルヒル>◇13日(日本時間14日)◇ウィスラー五輪公園

 ウィスラーのジャンプ台はヒルサイズ(HS)が106メートルと、ノーマルとラージヒルの中間のような大きな台。助走スピードも87キロ台と速かった。ラージヒルの札幌・大倉山でもたまに出るスピードだ。こういう台は世界中どこにもなく、どの選手も飛ぶのに苦労していた。

 タイミングが早いと後半まったく浮力を得られず、同じ失敗をするならまだタイミングが遅いほうが、被害が少ない。そのため、葛西くんらは、踏み切りが少し遅かった印象を受けた。そうした影響から、飛び出しにいつもの力強さが見られなかった。これが日本勢が優勝争いに必要なヒルサイズまでいかなかった大きな理由だろう。ただ、ラージヒルは空中で風をつかむのがうまい日本人にもう少し分がある。ノーマルヒルよりは期待できる。

 優勝したアマンはソルトレークシティー五輪から8年、多少の浮き沈みがありながら一線級を維持しているのが素晴らしい。普通は金メダルを獲得するとてんぐになるが、そういうところもまったくない。コーチら周囲の教育もいいのだろう。人柄も金メダル級だ。(長野五輪金メダリスト、雪印コーチ)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

評論家・原田雅彦
原田雅彦(はらだ・まさひこ)
 1968年(昭43)5月9日、北海道上川町生まれ。東海大四高−雪印。93、97年の世界選手権で金。五輪はアルベールビルから5大会連続で出場。94年リレハンメル大会で団体銀。98年長野大会で団体金、ラージヒルで銅。W杯通算9勝。06年引退。家族は恵子夫人と1男1女。

最近のエントリー



ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.