このページの先頭



ここからこのページの本文


若手よ!海外へ「負け」に行け!!

2010年2月24日

<バンクーバー五輪・ジャンプ:団体>◇22日(日本時間23日)◇ウィスラー五輪公園

 日本は完全な力負けだった。4人全員が最大限のジャンプをした。ただ、昨年の世界選手権で銅メダルを獲得したときの岡部くんのような、爆発的なジャンプをする選手がいなかった。大会を通じても、調子の波が下降線のときに五輪にぶつかった印象がある。これが12、1月ごろならまた違った結果になっていた可能性はある。

 4年後、世界と対等に戦うためには、コマを増やす必要がある。今回、代表5人とそれ以外の選手で差があった。フィギュアは、代表から外れた選手も実力者がたくさんいる。ジャンプもそうなるためには、若い選手が海外に「負け」に行かないとダメだ。

 高いゲート設定の国内大会だけでは、世界のレベルはピンとこない。海外の大会に参加し、負けて初めて自分の実力を痛感する。そこが世界基準の選手になる第1歩。この不況時、全日本スキー連盟も各企業も遠征費用を出すのは厳しいが、こういう危機的状況だからこそ、両者がお互いに協力して閉塞(へいそく)状態を打開してほしい。(長野五輪団体金メダリスト、雪印コーチ)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

評論家・原田雅彦
原田雅彦(はらだ・まさひこ)
 1968年(昭43)5月9日、北海道上川町生まれ。東海大四高−雪印。93、97年の世界選手権で金。五輪はアルベールビルから5大会連続で出場。94年リレハンメル大会で団体銀。98年長野大会で団体金、ラージヒルで銅。W杯通算9勝。06年引退。家族は恵子夫人と1男1女。

最近のエントリー



ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.