このページの先頭



ここからこのページの本文


後半の伸びは並じゃない/Sスケート女子1000m

2010年2月20日

<バンクーバー五輪・スピードスケート:女子1000メートル>◇18日(日本時間19日)◇五輪オーバル

 高木美帆(15=北海道・札内中)は硬くなっていたのか、スタートでスピードに乗り切れなかった。ただ、ラスト2周目は伸びやかな滑りになった。緊張していた部分は中学生だなと思うが、後半でラップをそれほど落とさなかったところは、やはり並の中学生ではない。後半の滑りは21日の1500メートルに生きてくる。1度レースを経験したし、楽しみになったと思う。

 小平はガチガチだった初戦の500メートルから動きが一変した。1度経験して吹っ切れたんだと思う。小さくまとまってしまっていたフォームが、大きくなっていた。1戦1戦成長しているなと感じた。

 心配なのは吉井だ。自信を持っていた種目だけに、このままでは怖い。1500メートルまでに練習とリフレッシュで悪いイメージをぬぐい去ってほしい。周囲のスタッフのコミュニケーションとサポートが大事になってくる。(ソルトレークシティー五輪1万メートル4位、日本スケート連盟強化委員)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

評論家・白幡圭史
白幡圭史(しらはた・けいじ)
 1973年(昭和48)10月8日、北海道釧路市生まれ。釧路商高—専大—コクド—釧路市スポーツ振興財団。五輪は92年アルベールビル大会から3大会連続出場。02年ソルトレークシティー大会男子1万メートル4位。02年引退。

最近のエントリー



ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.