このページの先頭



ここからこのページの本文


ウィスラーへ応援の日本人…熱いパッションは金メダル!

2010年2月26日

2月25日 木曜日 曇り時々晴れ 朝の気温8℃  

P2170028-%28Large%29.jpg

 カナダ北部のパビリオンの看板娘いえ、看板犬たち。アラスカン・マラミュートとシベリアン・ハスキーのミックス犬だそうです。ふだんは犬ぞりレースで活躍。

 「冬季オリンピックでお仕事っだって聞いてたのに、雪はどこにあるの?暖かくてなんだか眠くなってきちゃったー」と眠い犬たち。確かにマイナス21度の北部から来た犬たちにとっては、今日のバンクーバーは暖か過ぎますね。

P2170032-%28Large%29.jpg

 こちらもカワイイのでもう1枚。カナダ北部のパビリオンは厳冬のカナダ北部の先住民族の文化や産業などの展示がメインです。カナダ西部からは2時間弱のフライトでオーロラ、冬にはトラックも走れる道路と化す凍った湖など、カナダの都市部では見られない北の果ての大自然がここにはあります。カナダに移住してから、まだ住んでいる州以外の場所に行ったことがない私ですが、チャンスがあればカナダ国内で行ってみたい場所の1つです。

P2250004-%28Large%29.jpg

P2250005-%28Large%29.jpg

 さて、今朝はウィスラーへノルディック複合の応援に行く日本からのゲストをオリンピック・バスの出発先までお見送りしました。前夜、日本から到着したばかりなのに元気な2人はニッポン応援グッズもしっかり準備していました。背部分に日の丸のあるショールを身に付けて、夜明け前のバス乗り場ですでに目立っていました。

P2250015-%28Large%29.jpg

 この大きなJAPANの幕はキルトのお手製。一針一針心を込めて縫ってあるこの幕は、ソルトレイクシティ・オリンピックでも応援に使われたものです。この旗を会場で掲げて応援する姿は日本や海外からの観戦者やメディアの目を引きつけたようで、写真撮影もたくさんリクエストされたそうです。アイスホッケーに対するカナダの人たちのパッションにも負けないくらい、2人のオリンピックに対するパッションも熱く感じられました。

 今日もフィギュアの会場では、たくさんの日の丸の旗や日本語で書かれた応援メッセージが見られました。そしてそれを上回るカナダの国旗。テレビではカナダ代表としてフィギュアに出場した選手たちがロシェット選手を見守る様子が映し出されていました。選手の皆さんの頑張りに心が動かされる毎日です。


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

今日のバンクーバーBLOG
今日のバンクーバーBLOG
2月12日の五輪開幕をひかえたバンクーバー。現地在住の日本人主婦・浦上千晶さんが現地の最新情報を伝えてくれます。カウントダウンの様子、熱戦に沸く現地の盛り上がりをお届けします。
◆略歴 浦上千晶(うらかみ ちあき) 岡山市生まれ。東京で働いていたが、2005年にバンクーバーに移住し、現在は専業主婦。趣味は家庭菜園や釣り、冬にはスキーを少々とカナダのアウトドアライフを満喫。和食が大好きな夫の家族は、南アフリカ、イギリス、カナダ、スペイン出身とマルチカルチャー。

最近のエントリー



ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.