このページの先頭



ここからこのページの本文


再挑戦は荒川激励で始まった/安藤美姫1

2010年1月12日

 フィギュアスケート女子の安藤美姫(22=トヨタ自動車)は、浮き沈みのある4年間を過ごしてきた。モロゾフ・コーチと出会い、07年の世界選手権では初優勝した。しかし、その翌シーズンには引退を意識するほど落ち込んだ。高校3年で初出場した06年トリノ五輪から、大人への階段を上って2度目の五輪を迎える。

 1月5日、安藤はフィギュアスケート代表の先陣を切って、成田空港から飛び立った。練習拠点としている米ニュージャージーで滑り込み、そのままバンクーバー入りする予定だ。気持ちに余裕があるのだろう。ディズニーの人気キャラクター、スティッチの大きなぬいぐるみを抱きかかえながら、「徐々に五輪モードになればいい」と、笑みを浮かべた。

 トリノ五輪を前にした4年前のちょうど今ごろは、あわただしかった。年明け早々からイタリア、日本、米国、再びイタリアと、約1カ月半で地球1周半の距離を移動して練習した。五輪本番会場で氷の感触を確かめたい。米国人コーチのアドバイスも直接聞きたい。五輪前には日本にも立ち寄っておきたい。初の五輪が迫る中、切羽詰まった心境が過密なスケジュールに表れているかのようだった。

安藤美姫
女子シングルフリーで転倒したトリノ五輪から4年、成長した安藤美姫が雪辱に挑む

 トリノ五輪のショートプログラム(SP)の2日前には感情をうまくコントロールできなくなっていた。記者会見で「亡くなったお父さんに、どんな誓いを持って滑りたいか」という質問を受けた。父がバイク事故で亡くなったのは8歳のころ。当時の記憶がよみがえったのか「えっと…。プライベートなのでそういう質問にはお答えできません」と話すのがやっと。そのまま泣きだしてしまい、会見は打ち切られた。

 愛くるしい表情の高校3年生は、女子では世界唯一の4回転ジャンパーとして、荒川静香以上の人気と期待を集めていた。その重圧をはねのけるほど、ずぶとくはなかった。SPでは勢いあまってフェンスにぶつかって8位。「難しいジャンプを跳ばないと、認められないような気がしていた」というフリーでは、練習でも成功率が低かった4回転に挑んで、尻もちをついて総合15位。自滅だった。

 夢舞台で、金メダルを手にした荒川を間近で見て「同じ色のメダルがほしいと思った」。2度目の出場だった荒川から「1度目と2度目は全然違う」と励まされると「ちょっと味わってみたいな」と前向きになれた。そのころ、この4年間が、これほど浮き沈みの激しいものになるとは、誰も想像していなかった。(つづく)【高田文太】


 ◆安藤美姫(あんどう・みき)1987年(昭和62)12月18日、名古屋市生まれ。中京大中京高卒業後、トヨタ自動車に所属しながら中京大に在学。8歳でスケートを始め、02年ジュニアGPファイナルで女子公式戦では初めて4回転ジャンプに成功。全日本選手権は03、04年と2度優勝。世界選手権は07年優勝、09年銅メダル。09年GPファイナル2位。トリノ五輪は15位。162センチ。


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

冬のヒロイン
冬のヒロイン
バンクーバー五輪代表の女性アスリートを取り上げた日刊スポーツ紙面連載です。

最近のエントリー



ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2018,Nikkan Sports News.