このページの先頭



ここからこのページの本文


リスク大きいが

2010年2月26日

<バンクーバー五輪:女子フィギュアスケート>

 いよいよ決着をつける時が来ました。五輪のフリーは、何が起きるか分かりません。他の大会なら、SPの出来を見て、ある程度、フリーを予想できますが、五輪はまったく予期せぬことが起こる可能性があります。トリノ五輪まで2大会連続で大本命と言われた選手が金メダルを逃しています。

 その中で、浅田選手は、まずミスをせずに、正確で美しい演技をきっちり決める必要があります。そうすれば、技術の完成度や美しさなどを判断する出来栄え点(GOE)が上がり、技の難度を示す基礎点に加点されます。フリーの基礎点は浅田選手の方が高いので、その基礎点に加点されれば、金選手を上回ることは十分に可能だと思います。

 もし冒頭の3回転半を失敗した場合、予定していなかったところで再び3回転半を跳ぶというオプションは、リスクがあると思います。フィギュアはジャンプだけではありません。すべての構成の流れや完成度が大事で、予定していないところで3回転半を跳ぶことになると、その点が心配されます。

 仮に3回転半を失敗してしまったとしても、その後の演技を完全にこなせば、浅田選手は十分に戦えると思います。だからこそ気持ちを切らさないことが大切です。もしも3回転半を失敗してしまった場合は、その後の要素の基礎点に加点される出来栄え点が大きな意味を持ってくると思います。(カルガリー五輪代表。プリンスホテル所属)


この記事には全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは

評論家・八木沼純子
八木沼純子(やぎぬま・じゅんこ)
 1973年(昭48)4月1日、東京都生まれ。5歳でスケートを始め、88年世界ジュニア銀メダル。同年カルガリー五輪代表となり、94年NHK杯では3位に食い込んだ。95年世界選手権を最後にアマチュアを引退しプロに転向した。元内閣総理大臣の松方正義の玄孫。早大卒。159センチ。

最近のエントリー



ここからフッターエリア

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.